和紙を千切ってCMCで張り付けて芸術作品として独創的に表現する

8月完成の和紙ちぎり絵作品
ロゴ 
歴史ある武家屋敷と桜並木が美しい「みちのくの小京都」
垂れ下ったシダレザクラの桜先がほんのり赤く色づき始めると、ここ角館にもようやく春の便りが届きます。
武家屋敷通りに降りそそぐ満開のシダレザクラ、川沿いを豪華に彩る桜のトンネル・・・ 春は角館の町中が薄紅色に染まり、一年で最も華やかな季節をちぎり絵に。 

和紙ちぎり絵にした場所
 
少し若葉が芽生えてる写真ですが満開の素晴らしさに置き換えてすすめました。
ちぎり絵にする写真今回の見どころ
角館町の桜 額縁小京都らしく落ち着いた風景にしだれ桜の美しさをどう描こうかな
そして自作の特徴を出して、しだれ桜に見えるようにするのが難しいかな
 
創作の進行状況
やっと8月25日完成、久しぶりでキャンバスF-10は大きく感じました、
今年は知多地域も外は猛暑日35℃ 以上に成り年々辛い季節に変わって来ました。ヤハリ春が四季のなかでは1番かな
 
角館町のしだれ桜スライド 
今回はブログ更新で苦戦・・・・・新しく記事の書き直ししてます
なかなかパソコンになれません

Copyright © 和紙ちぎり絵創作活動. all rights reserved.