和紙を千切ってCMCで張り付けて芸術作品として独創的に表現する

7月 №143 美濃和紙あかりアート展
岐阜県美濃市
美濃和紙あかりアート展は、1300年の歴史を誇る伝統産業の「美濃和紙」の再生と、後に重要伝統的建造物群保存地区に指定される「うだつの上がる町並み」の活性化・ブランド化を目的とし、平成6(1994)年に美濃市観光協会の美濃市制40周年記念事業として実行委員会を立ち上げ開催。   今回は私がちぎり絵をやりだして初めて夜の風景を描く事にしました。
写真ちぎり絵完成作品 F-8
143美濃和紙あかりアート展写真枠付き      
 写真はA-3ノビです
143美濃和紙あかりアート展額縁変化
創作工程
    スライド式で完成するまでの描き方を見て下さい

始めて夜の風景を和紙ちぎり絵にチャレンジしましたが夜の背景は同色で描かな成らないので限られた色の中の和紙で表現しなくてはならないので思うに描けず、さらに人の顔は少しの目・鼻・耳などの大きさや形で表情が大きく変わるので何度もやり直しがまだまだやり直すかも???・・・・・・・人間は難しい
背中も大きく変化してのも苦労の一つで修正しているのも見て下さい
143美濃和紙あかりアート展
よろしければ応援拍手をマウスクリックをお願いします。


7月  №142 高森南小学校桜
背景 (日本一の学校桜)・・・・長野県
伊那郡高森町立高森小学校の校庭をソメイヨシノの大木が取り囲んでいる。昭和6年、新校舎落成記念に植樹したものである。「日本さくらの会」より表彰を受けて、以来「日本一の学校桜」と呼ばれるようになった。
校庭をソメイヨシノの大木が取り囲まれているその大きさを描いてみることにしました。

写真ちぎり絵完成作品   F-10
写真枠付き480
提供(A-3ノビ)
ピカピカ 
創作工程
スライド式で完成するまでの描き方を見て下さい。
毎回花の描き方が悩ましく今回は一輪の花事に和紙をピンセットでつまみ切りして貼り付けてみましたが花の数が多くて花を描くに相当の工数がかかったものの花らしさが報われていないようです。しかし自然界の素晴らしさは和紙ちぎり絵で表現するのは難し中に工夫するのが楽しいさが有るようです。

完成スライド  
  
   よろしければ応援拍手をマウスクリックをお願いします。

Copyright © 和紙ちぎり絵創作活動. all rights reserved.