和紙を千切ってCMCで張り付けて芸術作品として独創的に表現する

3月 完成の和紙ちぎり絵
西ノ岡竹道 
西ノ丘丘陵の竹林は、選別した竹の枝のボリュームを十分に生かした美しい作りになっており見わたすかぎり真っ青に澄みきった空に、竹が割り込むかのようにそそり立ち、素晴らしい風景です。
和紙ちぎり絵にした場所 
カメラ撮影
300写真京都府


竹垣新作の美しさが目に付く、その美しいさが和紙で表現が出来るか不安が有ります、さらに加えて壊れそうな小屋がも目に留まりますこれも表現が難しいが上手くできれば目をひくちぎり絵に成るでしょう。
今回は多く創作時間がかかりそうです?

創作の進行状況 
3月14日に完成しました
なかなか竹が細いので手間がかかし表現が難しい
今回はなかなか思うように描けなかったので多くの時間がかかりました。
完成  



コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © 和紙ちぎり絵創作活動. all rights reserved.