和紙を千切ってCMCで張り付けて芸術作品として独創的に表現する

2018年に向けて木製パネルの準備
       パネル
手間暇がかかりますが見栄えが悪く?ても少しでも手作り感を味わいたく、2018年もちぎり絵を続ける為にキャンバス(木製パネル)を作る、自宅の額縁ではFサイズのF-6.F-8.F-10を展示会や自宅で飾るようにしていますので今回もF-6.F-8.F-10を作成に入り2018年用に作成完了しました。     
           ★ 工具も多く必要でないので皆さんも挑戦? ★

1.木製パネル作り2.下地処理3.和紙の水貼る
パネル  シーラー 和紙
   ≪ 作り方 ≫
①、べニアは所定の寸法にカッター切断します。
②、枠用の角材を木工ボンド付けしてから角材を切ります。
 (長さが寸法違いがおきない)
③、全ての物には中補強はします。(額縁から取りやすく成る)

  ≪ アク防止 ≫

べニアのアク浮きを防ぐにシーラーを全体に塗ります
 ≪ 白和紙貼る ≫

和紙は全体に貼るて創作がしやすくする
(パネルから外しやすくも成ります)
作成ポイント
 ★べニアの無駄を発生させないためにも大きさをF-6.F-8.F-10混合でパズル式に切断 
 ★べニアをパネル寸法切断はカッターナイフで切ると切口が綺麗く寸法が正確に切れます
 ★外枠は速効ボンドで接着してから切ると寸法間違い(鋸歯の歯幅減り)がおきない

木製パネルは全て自作品
 作成に時間が必要ですが簡単なDYIです

  よろしければ応援拍手をマウスクリックをお願いします。

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © 和紙ちぎり絵創作活動. all rights reserved.